ポップしなないでについて語ろう

ポップしなないでについて語ろう

ポップしなないで

・Key,VoのかめがいBigLove
・Dr,Choのかわむら圧勝
この二人による、ポップスユニットだ。セカイ系おしゃべりJpopを自称している。ちなみに、元々ただのかめがいさんとかわむらさんだったのが、気付いたら芸名ぽく名乗り始めてた。

キーボード主体とした歌ものバンドは世の中に数多くあれど、ポップしなないで(通称ポしな)はひと味違う。ポしなの音楽が好きすぎて文章がまとまらず、前回の更新から大分経ってしまったが、なんとか紹介したい。

まず歌声について、トップに掲載した「魔法使いのマキちゃん」では、YUKI(ex.JUDY AND MARY)やパスピエの大胡田なつきを彷彿とさせる、芯のありつつも少女的な可愛い声だ。
その声をどう使うか、という点にポしなの上手さがある。それは耳触りの良い、半分ラップ、半分語りのようなパートを多用するところだ。おしゃべりjpopとは上手く言ったものである。

そして歌詞では、ポップしなないで独自の世界観と言葉選びを確立していると思う。
「魔法使いのマキちゃん」しかり、 「エレ樫」や、

「言うとおり、神さま」

これらにおいてもMVではその世界観が表現されている。なるほどセカイ系おしゃべりjpop納得だ。

一方でこんなMVも出している。
ヨルハアソバナイト

只ひたすらにタコライスを作るだけ。最後まで見ても上手そうなタコライスしか出てこない。

ライフイズウォーキング

ホワイトボードに書くだけ。

ただ、こういうアイデアのMVも、絶妙なユルさがポしなの世界観に合っている。こんなMVが似合うバンドそうそう無いぞ。

楽曲においてはキーボードとドラムというシンプルな構成で、下手に音を厚くしようとしたり、展開をつけて拡げたりせず、シンプルなリフの繰り返しが多い。
余計な装飾を無くして洗練されたことにより、前述した歌声や歌詞を引き立てて、耳に残り口ずさみたくなるような中毒性を作っている。

ライブも頻繁にやっているが、Maison book girlやゆるめるモ!と対バンしていたりする事からも楽曲の方向性がわかるし、リスナー層がバンド好きというよりは最近の邦ポップス好きに寄っているのかもしれない。

バンド活動をする中でのアイデアの豊富さも面白い。youtubeで定期的に「オールナイトニッポし」というネットラジオも配信しているのだが、一個のテーマをもとに毎回他愛ない雑談であり、それが絶妙なユルさと二人の仲の良さが見えて非常に良い。

10月に「CDはもう売れない」をリリースしてから、かなりライブ活動の方に力を入れているみたいだが、是非新曲もガンガン出して欲しいところだ。ポしなの世界に浸りたい。

Artist Reviewカテゴリの最新記事